So-net無料ブログ作成
検索選択

農業バイオ技術 [話題]

生き物の設計図である遺伝子情報を、自由自在に設計できる「ゲノム編集」という技術が登場しています。
ゲノム編集によって、これまでの遺伝子組み換え技術とは段違いの速度で遺伝子操作が可能となり、理想的な食品医療技術の登場が期待されると同時に、神の領域に到達した技術のもつ危険さについて懸念の声も上がっています。
と説明しているがどうやら低迷している農業へのビックデータ活用に代わる農業技術として登場してきているみたいだ、
アデニン、グアニン、シトシン、チミンの4種類の塩基や糖、リン酸などからなる「デオキシリボ核酸(DNA)」の中には、生物の遺伝的特徴を決める情報を持つ「遺伝子」が含まれています。つまり、ある生物の特性を決めるDNA内の遺伝情報を含む特定の部位を遺伝子と呼ぶというわけで、DNAと遺伝子はまったく同じものではありません。
DNAや遺伝子が物質であるのに対して、遺伝子や染色体など細胞内に含まれるすべての遺伝情報を総称するのが「ゲノム」です。
と説明は続くが、例よって何が何だかチンプンカンプンのアッパッパです。
兎に角、今まで見たこともないデッカイ物やとてつもなく甘いものや環境に左右されない物や人間にとって「有益な」「都合の良い」生物を作り出そうということらしい。
例によって、当局は一切責任を負わないと来るのが怖いが研究結果を見守らなければいけません。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る