So-net無料ブログ作成

文書の有無で国が守れるか [一言]

北朝鮮は8日、4週連続でミサイルを発射し、核・ミサイル開発を推進する意志を示した。
朝鮮中央通信は8日、北朝鮮の弾道ミサイル発射を国際会議などで批判する日本政府に対し「今のように日本が不届きに振る舞うなら有事には米国より先に日本列島が丸ごと焦土になる」と警告した。
北朝鮮状況が緊迫してきている状況で国民の生命・財産を守る議論が出来ない。学校法人「計加学園」の獣医学部新設を巡る問題ばかりでやれ文書がどのこうのよりも身近の危機に対して議論したらどうだ。既に加計学園獣医学部校舎の建設も進んでいるようだし、中止となったらそこまでの費用が無駄になる民主党政権時のように計画が遅れてしまう。既に学習したではないか。議論だ議論と議論ばかりを持ち出す割には、国会での憲法審査会では民進党の態度が明確に示されておらず議論が全く進んでいないようだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る