So-net無料ブログ作成
検索選択

歌を忘れたカナリアは [一言]

♪歌を忘れたカナリヤは うしろの山に捨てましょうか
いえいえ、それはかわいそう
歌を忘れたカナリヤは 背戸の小藪に埋けましょうか
いえいえ、それはなりませぬ
歌を忘れたカナリヤは 柳の鞭でぶちましょうか
いえいえ、それはかわいそう
歌を忘れたカナリヤは 象牙の船に銀のかい
月夜の海に浮かべれば、忘れた歌を思い出す♪
こんなに怖い歌とは知らずに子供の頃歌っていましたよね。これは作詞家西條八十が作った歌です。就きたい仕事が出来ず悩んでいた自分を責めて作った歌だそうです。現在は、本来の仕事も就かず勝手なことをしていることを意味するのでしょうか?私利私欲にはしる政治屋や芸を磨かないで司会業に専念するお笑い芸人等がそれでしょうか。身近では「農業をしない農家」や「本業をしない農協」が代表的な例でしょうか。この実体を著した人がいました。参照すると、「多くの国民は“兼業農家は農業だけでは食べていけないから仕方なく兼業している”と誤解しています。コメ作については機械化が進み、労働時間(10アールあたり)は26時間です。本職がサラリーマンで週末にしか田んぼに来なくても問題なくできる。2012年のコメ農家平均の数値で、農業所得は約62万円ですが、農業外所得は約184万円、年金等が約211万円ある。つまり多くが兼業農家や年金生活者です。彼らは肥料や資材を農協から割高で購入し、農外所得をJAバンク預金します。さらに農地転用で生じたカネもJAバンクに入金します。預金残高89兆円のメガバンクである農協は、農家への住宅ローン教育ローンまで扱うので、農家戸数は多いほうが確実に儲かる。農協の真の狙いは自給率の増加や食料の安定供給ではなく、自らの利益のために農家戸数を維持することだと言っても過言ではありません」とまあオッシャッているわけです。
まさに「歌を忘れたカナリア」ですわ。いずれは「歌を思い出す」ことを期待したいのだ!
ところでカナリアの鳴き声はどうだったかな。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

こんどこそは解決だ [一言]

北朝鮮が拉致被害者や、拉致された可能性が排除できない特定失踪者の全面調査を約束した。おかしな話だ、勝手に他国の人を拉致しておいてそれを外交の手段として利用する。信じられない国だね。それにしても長い間解決出来なかった問題だが、日本側も拉致は無かったという馬鹿な政党や政治屋が存在したため、長期の問題となってしまっていた。拉致に関して北朝鮮が認めたことで事実拉致があったことは証明されたが、一部の被害者の帰国をもって解決としていたのが、ここにきて全面調査が約束されたことは、解決への大きな一歩であろう。しかし、油断してはならないのがこの国だ、今までにどれだけ裏切られたかを考えれば、手放しで喜べるかどうか。莫大な取引の材料が存在するだろうと想像するのは容易だ。けれど、民主党政権発足時の拉致被害者帰国の意気込みは、何の役にも立っていなし、結局何も出来なかったと言うことです。安倍政権右傾化と批判も多い中、結果を出しているから期待できそうだ。今度こそは、問題解決へと願うばかりである。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

穏やかな日が続きます [田舎暮らし]

昨日の夕方までいい天気でしたが、急に暗くなり雷のお祭りとなってしまった。
雨は激しく降ったわけではないが、雷がしつこいほどゴロゴロ、ピカピカでした。畑も乾いてきたので丁度いいお湿りで有りがたかった。気温は高めで夏のような暑さでした。田植えも終わったようなので、これから雨がほしいところとなる。異常気象でなかなか思うよにならない。草が伸びてきたので草刈りをしないといけないのです。これからは、草取りと草刈りの日々となる。天気が安定するといいね。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

畑2014−5月 [野菜作り]

2014年の5月末日の畑の状況です。
草も取って畝を上げて夏野菜を植えたところです。今年は、玉ねぎが全然ダメでした。何故だか分かりません。天候が悪かったからかな?と百姓もどきは言うのでありました。





巨峰が沢山実をつけています。3年前にホームセンタで購入したものです。手入れをしないといけないが得意の放ったらかし栽培となっています。本気で作るといいのですがね。
ま、どうなることやら。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スイカ、トマト、キャベツの定植 [野菜作り]

スイカ、トマト、キャベツの定植を行いました。だから何だと云われたら、大変だったと言うしか無い。野菜づくりとは草との戦いである。スイカ、トマトやキャベツにしてもハウスものはやっぱり物足りない。真っ赤に熟したトマトが食べたい、太陽の元で育てるしか方法がないと知る。菜園は自分なりに好きなように育てられるからいい、農薬なんてとんでもない、化学肥料よりも有機肥料だね。
そうそう、話は変わりますが、この前テレビニュースを見ていたら、富士通ブランドのレタスが市場に出回っているんだって、東北半導体工場の中で栽培してるんだって、特徴は年がら年中出荷出来るし、天候に左右されない、無菌室の半導体工場で栽培されるから安心だって。IT企業が野菜栽培ですか、何を目論んでいるのでしょうか?世界的な食料不足に備える為でしょうか?将来の宇宙旅行の為の食料自給のためでしょうか?中国が高齢化して農業が出来なくなるのを見込んだ市場開発でしょうか?コンピュータ利用の農業運営を定着させる為でしょうか?興味深い取り組みですね。
「ソフトウェアにトラブルが発生したためレタスが不作となってしまいました。」「セキュリティ対策を徹底してなかったので、ウィルスに感染してしまったので大凶作となりました。」なんて発表がされるかもね。
興味はつきない。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

床屋に行ってこよう [田舎暮らし]

床屋に行くが、最近は千円カットで済ませている。
安いね。それに時間がかからないのがいい。いつも適当に揃えておいてで済むからいい。ヒゲをそってもらうのは最高に気持ちいいが、下手な人に当たるとカミソリ負けしてヒリヒリするから、もう髪を切るだけで十分だ。どうせ伸びてくるんだから、夏場の汗をかく時は、短く切ってもらうに限る。ついでに本屋に寄って本を購入しようと思っている。ここはコンビニしか無いから、気に入った本を買うこともできない。週刊誌は、あるが読む気になるような記事が無いし、本当か、ウソか分からないような記事が踊っているから,退けてしまうね。今は、アスカという歌手の事が多いようだ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

中山間応援隊だって [一言]

村岡ヤングマン知事山口県知事は、中山間部の活性化に向けて、希望する県職員を派遣するため、応募を行ったところ、928人が応募したそうだ。とにかく人口減少と高齢者の多い中山間部の地域づくりだそうです。意外と応募者が多いのに驚きである、県職員ってそんなに人あまり状況だったのか。具体的な支援活動は、各県民曲で市町や地域と協議、調整を重ねながら支援対象の選定を進めているそうだ。一人や二人を派遣したところで活性化になるんだろうかと疑問をだく。何もしないよりはマシだろうが、地元の帰って兼業農家を手伝うことにならないように期待したい。既存の慣習を打ち破り新しい考え方を浸透させ、無駄な意味のない取り決めを取っ払って改革を願いたい。そのためには、目標の設定とこまめな評価基準の設定は不可欠である。地元からの支援は無いものと思わなければなりません。
名前に恥じない活動を切望する。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キュウリ、レタスの定植 [野菜作り]

キュウリとレタスを定植しました。
だから何だと云われたら、キュウリとレタスの苗が傷んできたからです。鶏糞をすき込んでから畝を立てて忙しいことでした。天気がいいから熱くて熱中症になりそうなくらいでした。まだ、トマトとスイカとメロンとナスが残っています。明日は日曜日なので朝から頑張ってみようと。意気込んでいます。ニンニクは皮をむいて天日干すにしてあります。あと、100本くらいが残っていますが、種にしたいからもう少しこのままにしておきます。
以上。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

下関 [紹介]

下関は維新前まで馬関と呼ばれていた。下関戦争が勃発して、幕末に長州藩と、イギリスフランスオランダアメリカの列強四国との間に起きた、文久3年(1863年)と同4年(1864年)の前後二回にわたる攘夷思想に基づく武力衝突事件である。そんな昔はいざ知らず、関門海峡に朝日が登る。船の行き来が盛んで何を運んでいるのか、大きな船が行き交う。



消防の訓練みたい。

夜の下関もオツなもの対岸は北九州の門司です。狭い海峡、見ていて飽きない。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

農政改革案 [一言]

政府の規制改革会議がまとめた農協組織の見直しなどの農政改革案に対して、自民党内から反対意見が続出しました(テレ朝news)。理由は、「現場を知らない人間の机上の空論」「金もうけのために使い勝手のいいようにしようとしている」といった不満だそうですが、農協組織の見直しは必要だと思います。農協は、スーパか?金融業ですか?政治の一政党?振興宗教みたいなもんですか?その存在が本来の農業指導であるはずが、その機能を満たしていない。そう云う組織の改革は当然必要でしょう。反対する政治家は単にその組織の票が魅力的であるからでしょう。当地の専業農家は、農協などあてにしていません。兼業農家だけが銀行代わりに利用しているだけではないですかね。
農政改革注目してみましょう。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る