So-net無料ブログ作成

2015年度概算要求 [一言]

2015年度予算に関する各省庁の概算要求が出揃って、要求総額が101兆7000億を超えた(昨年は 99兆2500億円であった)。社会保障費:31兆6688億、国債費:25兆8238億円、国防費:5兆545億円
となっていてこれから要求が削られていくと思いますが、何と巨額な概算要求ですね。高齢化の結果社会補償費が伸びていることから、年金額への風当たりが強くなるし、もっと働けということになりかねない。退職後は悠々自適の年金生活なんて夢のまた夢になりそうな気配だ。消費税を10%に上げても社会保障費の方がはるかに早いスピードで追い越していくでしょう。高齢者に手厚い保障が成されすぎという確かにね
少し体の調子が悪いくらいで病院にいって山ほどの薬をもらってくる、それでいて自己負担が低額ときているから平気である。寿命が長くなり高齢者ばかりがウヨウヨする社会になっていくのだ。病院の待合室をサロンのようにして元気よくうわさ話ばかりをしている高齢者を見ると腹立よな。既にその1団の仲間に入っている自分に対する戒め。高齢者の医療負担額はもっと増やすべきと考える。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

奇跡と思える青空 [田舎暮らし]

今日は、びっくり早朝から奇跡と思えるほどの青空が広がっています。
昨日は小雨の中で何もすることが無いからニンニクを植える準備として玉を一片づつに解していたら、農家の人が来たので、今月の天気の悪さを一緒に嘆いた。昨年の9月8日には稲刈りをしていたが、今年はまだ穂を付けていないから農作業が遅れていると。しかし、本来発生する台風が来ていないから稲刈りの頃に来て被害を受けるんじゃ無いかと心配をしていた。葉物野菜もこんなに天気が良くないと育たないから路地栽培よりもハウスに限ると言うとハウスも連作・連作で育つものが育たない、連作改良土もあるが高いからイチイチ購入して入れるわけにはいかないし、だから広いハウスも今は何も植えてないのだって。いやはや農家も大変だねと慰め合うばかり。そんな日が続いていたのに今日の天気は奇跡に近い。有難いね、有難いねと、そこいら中の神様に感謝するのでありました。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

世界ジオパークに向けて [挑戦]

ジオパーク(英: geopark)とは、地球科学的に見て重要な自然の遺産を含む、自然に親しむための公園。地球科学的に見て重要な特徴を複数有するだけでなく、その他の自然遺産や文化遺産を有する地域が、それらの様々な遺産を有機的に結びつけて保全や教育、ツーリズムに利用しながら地域の持続的な経済発展を目指す仕組み。日本語では「大地の公園」という言葉を使っている。
ジオパークの活動は以下の3つに要約される。
1.保全 (conservation) - 地元の人たちが大地の遺産を保全する。
2.教育 (education) - 大地の遺産を教育に役立てる。
3.ジオツーリズム (geotourism) - 大地の遺産を楽しむジオツーリズムを推進し、地域の経済を持続的な形で活性化する。
(ウィキペディアフリー百科事典から)

2014年世界ジオパーク認定
・伊豆半島ジオパーク(伊豆地域の7市8町)
・南紀熊野ジオパーク(南紀地方の9市町村)
・天草ジオパーク(天草御所浦地区から天草地域全体)
・立山黒部ジオパーク(立山連峰や黒部渓谷)
認定保留
・苗場山麓ジオパーク(具体的な活動や整備を保証する明確な計画書の提出)
認定見送り
・筑波山地域ジオパーク(全体構想が不十分、地形・地質遺産の保全への認識不足)
(読売新聞から)

我が市も2013年世界ジオパーク認定への挑戦を行ったが、残念ながら見送りとなった。2015年に向けて再挑戦中である。市の担当者は必死に頑張っているが市全体の盛り上がりがねというところか。世界ジオパークに認定されると市民生活にどのような変化をもたらすのかを浸透させなければね。とにかく頑張って下さい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

肌寒い [異常現象]

今日は肌寒いです。
おかしな天候だね。雨ばかりだと思っていたら急に肌寒くなるわ。
天気予報によると前線が太平洋まで南下したため大陸の寒気が日本列島を覆っためだと。解説してもらうとなんだか理解出来たようですが、この時期何で前線が急に南下するのでしょうかね。太平洋高気圧の勢力が弱いことに原因があると思います。何故、太平洋高気圧がよわいのでしょうか?と疑問を追求していくとエルニーニョということでしょうか。では何故、エルニーニヨ現象が発生するのかな。すべて分からない。とグズグズしている間に小雨ですわ。
時間がもったいないです。本でも読もう。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日も雨ですか [田舎暮らし]

小雨が降っています。
今日も一日雨ですかね。
梅雨が舞い戻ってきたような季節になっている。
何でしょうねこの雨の多さは、そうだ中国に輸出してはどうだろうか?水源地となる日本の土地が中国に買いあさられているというニュースが一時期ありましたよね。今は水源地で無くても有り余る程、どこの土地でも水分をふくんでいるから枯渇することはない。水資源でいっぱいです。「水はいらんかね〜」。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

代々木ゼミの相次ぐ閉鎖 [話題]

代々木ゼミナールの全国27校のうち20校が閉鎖されるそうです。
私達、団塊の世代は夏休みになると代々木ゼミの夏期講習に押しかけたものだった。いつも満杯でなかなか講習に参加できなかた記憶がある。受験生のためにラジオ講座と代々木ゼミの夏期講座がセットになっていて、ラジオ講座の名物講師(今で言う林先生のような)が数人いて夏期講座の講師を務めるため、受験生が殺到したものだった。時代は流れて少子化で受験生が激減し、他にも競合する学習塾が乱立したために、学生の確保が難しくなったせいであろう。なにしろ大教室に前列しか座っていない状況だと言う、大教室でも入りきれなかった世代から今の状況は羨ましいのだが、塾経営者にとっては苦難の時代でしょう。少子化は、大学に入るための塾を襲い目的である大学に影響を与え、今の学習塾のようになることでしょう。
少子化への対策を早く立てないといけません。まだ、学習塾の斜陽は序の口でしょう。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いい加減にせんかい [一言]

自民党さん!国民は政治家の権力争いに飽き飽きしている。2年前に政権を明け渡すことになった理由をもう忘れたか。そう、国民は金権と派閥と族議員と長老の出しゃばり等など毎日テレビに映しだされる権力争いを魅せつけられて、期待が持てない党だと見切りをつけたのであった。そこで理想ばかりが綴られたマニフェストに惑わされて飛びついてしもうたが、実現不可能な政策の羅列で有ったと大反省をし政権を戻し安定政権を期待したが、近いうちに実施される閣僚人事で悪い風習の派閥という魔物が鎌首を持ち上げてきた。ちっとも反省してないじゃないか?「もういい加減にせんかい」という気持ちでいっぱいだ。「反省は猿でも出来る」と揶揄されたのだがね。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スイカも終わり [田舎暮らし]

今年最後のスイカです。
夏があったのかと思うほど天気がよくなかった。それでもスイカはできた。地這にしないでネットで吊るしてみたが、カラスの襲撃に合って被害が甚大で有ったが、何とか数個を収穫することができた。これはそのうちの最後の一個である。小ぶりではあるが甘みは十分の出来栄えです。次年度は、今年学習したことを取り入れてスイカ御殿を建てる意気込みで栽培してみよう。欲が絡むと自ずと立派なものができるでしょう。山口の名産である萩のスイカを大いに参考にしてみたい。もう、百姓もどきといわせないぞ。といいながら、最後のスイカを頬張るのでした。
DSC07571.JPG
DSC07573.JPG
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

晴れの日 [田舎暮らし]

珍しく早朝から晴れている。
何日ぶりだろうか晴れた朝を迎えるのは、期待しておいていきなり雨にならないだろうな。
日を追うごとに広島の豪雨災害の大きさが明らかになってきています。災害を大きくしたのは連日の雨と真砂土という地域特有の地質によるものと報道されています。真砂土は中国地方では至るところにある身近な土です。水はけや見栄えが良いことから学校のグランドや庭の土として使われているそうです。山口県では、この真砂土と石灰と石炭が主流の県です。だから雨による災害が発生しないように優先して対策をしておかなければならないでしょう。でも小生の住む場所は、「ここは災害が無いからいいね!」という危機意識の薄れた状態になっています。周りの地域では毎年豪雨による被害が出ているのにですよ。何とかせねばならぬ。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

海上自衛艦くにさき [紹介]

下関で何気なく海峡をボンヤリ眺めていたら、いかにも自衛艦らしき船が見え出した。小雨にけぶっていたから船の形しか確認できなかった。徐々に近づいて来たら海上自衛艦くにさきという輸送艦であった。海峡の真ん中でタグボートが2隻停泊していたのでジャマになるのにと疑問に思ったが、目の前にまで来ると自衛艦の横にピタリと付け海響館(水遊館)の前の岸壁に接岸させた。得意の野次馬根性で見に行ってみると13時から一般公開すると言うので、普段ではめったに見られないからチャンスとばかり急いで昼食を済ませて見学に行く。日本丸と海王丸の両帆船の時のように隊員のキビキビした案内と質問に対する受け答えが丁寧なのには気持ちがいい。デジカメを忘れたのが悔やまれる。仕方なくガラ携で写真を撮った。
長さ:178m
幅 :25.8m
基準排水量:8,900トン
主機械:ディージル・エンジン2基
推力:26,400馬力
速力:22ノット(40km/h)
乗員:153名
輸送陸自隊員:330名


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る