So-net無料ブログ作成

連休に入りましたね [田舎暮らし]

昨日は一日雨の予報だったがハズレた。
その代わり夜中に降っていました。今日は午後から晴れになる予報だが8時ですが止んで雲が薄くなってきている、明るくなっているから予定より早めに晴れるんじゃないかな。
これから歯医者に行かなければならないから丁度いい。
帰ってから野菜苗の植え替えの続きをしよう。昨日、廃菌床の2年目のものが立派な土(素人目だが)になっているのでそれを貰っているから植え替え用のポット土として使ってみよう。これで勢い良く育てば炭素循環農法の第一歩となることでしょう。楽しみだね。
とにかく歯医者に行ってきます。

連休初日は曇り空 [田舎暮らし]

連休の初日はどんより曇り空、昼ごろには雨が降ってきそうです。
今日の予定はハウスで夏野菜のビニールポットに植え替えの作業をする。ホームセンターでは既に夏野菜の苗があふれていますがマイペースの小生は慌てない1、2週間遅くなってもたいして差はないだろう。どうせ今日は雨になるだろうからハウス内での作業で丁度いい。
あちこちの田んぼではトラクターが入って田植えの準備をしている。水田に水を入れれば田植えができるようになる。農業機械が大型化して作業も早いね。大きい物は冷暖房完備だから家にいるより快適なキャビンですよ。稲を作るのが仕事なのか機械のローンを返済するのに仕事しているのか百姓も大変ですわ。便利になり仕事は早く終わるが稲作だけでは食っていけないから兼業農家とならざる得ないのだ。

炭素循環農法の開始 [野菜作り]

まず試みとして自然農法の炭素循環農法の始まりです。
模範はネットで検索した情報と月間現代農業の記事からであります。
とにかく始めることだ優先です。ということで田んぼとして使っていたところをトラクターで鋤いてもらいその後耕運機で2回ほど耕した。天気がいいから作業はかなりはかどった。さて次はS氏からの廃菌床を大量に運び入れて再びトラクターで鋤く予定であります。そこまでが本年度の土作りです。どうなることやらご期待下さい。
DSC07951.JPG
DSC07952.JPG
DSC07954.JPG
昨日、ニンニクの芽を取りました。後1ケ月くらいでニンニクの収穫が出来そうです。
ま、それなりに育ってくれています。今年はニンニクの保存方法が課題としてあります。単に軒下に吊るしておくだけでは芽が出てきて、放っておくとスカスカになってしまうから、それを防ぐ保存方法を見つけたい。ネットで検索すると化学薬品で芽出しを抑止することが出来るとありましたがその方は選択肢として外す。
DSC07949.JPG
DSC07950.JPG
百姓はじめとしての記念樹(柿の木)を植えた。
DSC07953.JPG

痴漢が警視正とは [一言]

26日の朝日新聞に「大阪府警から近畿管区警察学校(堺市北区)に出向中の男性警視正(56)が電車内で痴漢をしたとして、府警が大阪府迷惑防止条例違反容疑で任意で捜査していることがわかった。」との記事が載っている。
「どういうことじゃ!庶民の味方のオヤブンがなんたることじゃ!なめとるんか!」「ばかもん!」呆れ返って声も出ないとはこのこと。そもそも、警視正の階級は、警察法第62条に規定され、警察官の階級としては警視総監、警視監、警視長に次ぐ第4位ですぞ。警視でそこいらの警察署の署長ですわ。その上の階級ですよ。
これじゃ安心していられません。
こういうの何処かの国のことわざにありそうですね。


花から花へ [紹介]

晴天の26日(土曜日)、女房殿と浮かれた蝶々のように花から花へと見学に行きました。
まずは周南の大道理(おおどおり)の百笑クラブ(ひゃくしょう)が田んぼの土手に一から育てた「芝桜」です。
地元農家の皆さんが専門学生の力を借りてデザインしたものに芝桜を植えつけたそうです。頑張ったクラブのネーミングが百笑クラブといい努力が実って笑いが溢れている姿が見えます。なかなかユニークな名前に微笑む私達夫婦です。天気に誘われて次から次へと見学者が訪れて用意している駐車場もイッパイになるほど活気がありました。入場は有料200円となっていますが駐車場や案内役や見学設備など地域の努力を考えれば素直に払える金額です。
途中の道の駅でそばを購入してきているので、ここで販売しているじゅねんじょを購入した。これで明日の昼飯は決まった。
DSC07918.JPG
DSC07919.JPG
DSC07923.JPG
DSC07925.JPG
DSC07927.JPG
次は柳井に移動して山口フラワーランドへと向かう。
やまぐちフラワーランドは、山口県柳井市新庄にある、おもに花きに関する公園(テーマパーク)である。山口県によって整備され、運営は指定管理者制度により「財団法人 やない花のまちづくり振興財団」が行っている。
花き生産振興の拠点施設である「山口県花き振興センター」が併設されている。
こちらは手入れの行き届いた花の庭園と言ったところ、四季の花や果樹が全てある。今は春の花が咲き乱れて園の至るところで咲き誇っています。ハウスにはランがあり香りを漂わせている。入園料は500円ですが、この管理手入れを考えれば当然かな。園内でハーブの苗2種類とちょっと変わったあじさいを購入した。
DSC07934.JPG
DSC07936.JPG
DSC07939.JPG
DSC07941.JPG
DSC07947.JPG
帰りにメダカ販売の看板を見つけたので立ち寄った。色んな種類のメダカを販売していた。一匹、千円や2千円のメダカを見て女房殿は驚いていたがまだまだ序の口です。骨董品収集の趣味に比べれば極超格安でしょう。ということで10匹2千円なりの「錦メタル」を購入、本日一番の高値でありました。
後は中国自動車道に乗って家路につく。2匹のチョウチョでした。

連日の晴天 [田舎暮らし]

連日の晴天続きで嬉しい限りです。
大陸から高気圧が次から次へと現れて日本列島を覆うので晴れの穏やかな日が続くのだ。どうやら気象用語でハイベルトといい、高気圧がベルトに乗って運ばれてくる様子を表している。ファッションの高い位置でのベルト着用ではない。いづれにしても気分を良くする。天気予報によると連休の前半までは続くという嬉しい予報となっている。桜の花が満足に見学できなかったから連休は春の花が咲き乱れた場所に出かけるのがいいのかも。とりあえず、フラワーランドとかフラワーパークとか花の公園とか花の海とか、盛りだくさんあります。
作業が遅れていた、夏野菜の為の仕事をしなくちゃ。

二世帯同居のメリットとデメリット [紹介]

昨日、福井県は豊かな県を紹介しました。
その理由の一つとして世代同居が多いことを上げました。この2世代同居いいことばかりでは無いようです。
メリットは
<日常での協力>
同居によって家事・育児がお互いに協力でき、さらに介護の面でも子世帯が親世帯をサポートすることができます。

<何かあったら協力>
やむを得ず、幼い子供だけで留守番させなければならない時にも、親世帯の協力があれば安心です。また、二世帯そろって留守になることは少ないため、防犯にもつながります。

<経済面>
二世帯住宅にすることで、世帯ごとにかかる建築費用は削減しやすくなります。また、両世帯で夕食を共にしたり、子世帯の親の留守中には子供を親世帯の家に預けたりすることで、生活費や光熱費も、単世帯に比べ節約しやすくなります。

<精神面>
そばに頼れる身内がいる安心感に加え、孫と祖父母が触れ合うことで、孫の成長や祖父母の生活の張り合いにもつながります。

デミリットは
<新しく家族に加わる人の文化の違い>
親世帯と子世帯では、成長してきた時代背景、社会感覚などが異なり、価値観や意識、ライフスタイルにも開きが生じます。そのため、料理の作り方や味付け、掃除や洗濯の方法などの違いでトラブルになる場合があります。はじめは小さな不満でも、それが積もり積もって、いわゆる嫁姑の問題に発展しかねません。

<生活リズムが違う>
たとえば、子育て真っ最中で働きざかりの子世帯と、熟年を迎えた親世帯では、生活のリズムが合わず、ストレスになる場合もあります。

<親子のきずなの強さが問題になる>
親子は血でつながっていますが、夫婦はもともと他人同士です。特に母親は、息子かわいさのあまり、子世帯に干渉してしまう場合もあります。

<精神面におけるプライバシーの確保>
両世帯で共用するスペースの多い従来の融合型の同居では、家族ひとりひとりが自分の時間や空間を確保することが難しく、プライバシーを確保しにくい場合があります。

例えば、こんなこと
たとえば、共働きの子世帯夫婦が、朝食の食器を洗わず出掛けていき、それに気づいたお姑さんが、親切心から食器を洗ってあげたとしたら・・・。以後、子世帯の奥様はそれを気にして「必ず食器を洗ってから」でないと、出掛けられなくなってしまいます。
(全文ヘーベルハウスのホームページから参照)


成る程、思い当たること多々ありますね。

福井県は豊かな県 [紹介]

15日(水)の朝日新聞によると、日本一豊かな県は「福井県」だそうです。
世帯収入は東京を上回って1位、1000人当たりの生活保護受給者も全国で2番目に少ない。貧困率(全国平均の貧困率は15.7%)は10%を切って9.3%だ。
世帯主の月収自体は32万円と全国平均(34万円)を下回っているにもかかわらずですよ。
理由は、配偶者の収入と年金収入が押し上げている。
    3世代同居が全国トップクラス、
    で、「完全失業率の低さ」「平均貯蓄率」「女性の有業率」「女性の未婚者割合の低さ」でも全国1位
    くわえて、一家総出で働き家計を支えるのが当然という勤勉な気風があるからである。
どうです福井県に移り住む気になりましたか?
福井県といえば、「福井原発」「東尋坊」「永平寺」しか思い浮かばなかったが、他にこんな日本一があるとは!
貴方の県の一番は?

大きな一歩 [話題]

リニア中央新幹線が有人走行試験で世界最高速度となる時速603キロを記録した。
この車両は営業仕様で「L0系」という7両編成らしい。乗り心地は揺れも少なく快適だそうだ。
日本の技術の凄さを見せつけた。
これで12年後のリニア中央新幹線開業に向け、期待が大きく膨らんだ。
いつも言っているが、最新の技術は「2番じゃいけないです。1地番でないと」。
東京〜名古屋が1地時間以内となる。すごいじゃないですか。
ひさいぶりの明るいニュースだね。

関節がポキっと鳴るのは? [教養]

人体の大きな謎のひとつだった「関節が鳴る理由」を解き明かし、今月15日にオンライン・ジャーナル「PLOS ONE」上で発表したのは、カナダ・アルバータ大学でリハビリ医学を教えるグレッグ・カウチャック博士の研究グループだ。
関節が鳴る理由:関節が急激に引き離されると滑液の圧力が下がり、まるで炭酸飲料のようにガスの気泡が生じている事実だった。そして、下がった圧力を戻そうとする力によって、ある瞬間に滑液が一気に隙間へと流れ込み、ポキッという音を生じさせるとともに気泡が消えていたから、だそうだ。
これが人類のためにどう役立つか、博士は「その時々によって、関節を鳴らせたり、鳴らせなかったりすることがありますよね。もしかしたら、関節の健康度を計るために使えるかもしれませんよ。」と言う。
雨空が続く日々、人体の謎が解明されスキっとしたでしょう。が専門的でかえってモヤモヤが増した?



メッセージを送る