So-net無料ブログ作成

2015年も終わり [感謝]

今日で2015年も終わりです。
何だかんだと書き進んだブログですが愛読くださった皆様に感謝いたします。ありがとうございます。
よくもまあ7年間も愚痴をこぼして来たもんだと振り返っています。
自民党が政権を失って民主党がその政権を取った頃は話題が多くて面白かったです。
地震と津波等の天災があり経験をしたこともない災害に遭って日本国全体が途方に暮れた。
来年はきっといい年で有りますように祈ってます。
そしてブログの内容も明るく元気で活気のあるものを書けることでしょう。
頑張りましょう。
1年間本当に有り難うございました。

帰省ラッシュ200% [話題]

帰省ラッシュが始まった。
JR東海などによると、東海道新幹線の自由席の乗車率は、同日午前6時東京発博多行きの「のぞみ1号」で200%に達し、東北・山形新幹線でも150%となったそうだ。
帰省とは縁が無くなったから「大変だね」と人ごとで済ませるが乗車率200%になると、むしろ「可哀相だね」となってしまう。まだ帰りがあるからゾッとするね。
その分充分に楽しんでくださいませ。

大掃除 [田舎暮らし]

さて、今日は大掃除です。
大好きとは絶対に言えない年末の大掃除です。
皆さん、安心して下さい!一生懸命やろうとしてますよ。
と言うことで、まずは網戸から片付けていきましょうかね。
アミィ〜ド、アミィ〜ド、アミィ〜ドのアミィ〜ゴのメキシコさんからですね。
今日は天気がいい、折角のいい天気なのに掃除とはもったいない!もったいない!ですよね
掃除日和でアッタカインダカラ、チョト待てチョト待てお兄さん、大掃除てなんですねん。
「さてやるか!」何度言ったかな〜♪
とまだ動かないのが嫌な証拠。

残すところ4日 [田舎暮らし]

2016年も残すところ後4日となってしまった。
どんなに文句を言っても「あと4日」は変らない。誰もが皆公平である。
鴨長明の『方丈記』の冒頭にある有名な一節を思い浮かべる「ゆく川の流れは絶えずしてしかも、もとの水にあらず」川の水の流れは絶えることなく続いているように見えるが、よく見ればそれは決して同じ水ではなく、移り変わっているという。361日は流れ消えていったのだ。儚いね。
本ブログの「うたかたれんぼ」の命名は、儚く消えていくうたかた(泡)であっても恋い慕っている、というこの時期に相応しい真文学的表現では有りませんか(自画自賛のバカですわ)。
あはははは
年の暮れ笑って過ごすのが一番でしょう。


医者は選ばなくちゃ [健康]

常時足が何かを踏んでいるような異常としびれの原因は、結局腰にあった。
病名は「腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)」であった。
昨日(26日)緊急病院に行ってMRIをとり判明した。椎間板ヘルニアではなかった。
今回MRIで撮った横断像を正常な横断像と比較してを見ると確かに脊柱管が細くなって圧迫されているのが確認することができる。長年苦しんできた足の異常と両手のしびれの原因が分かった。私は前の診断で「頚椎症(けいついしょう)」と今回の診断で「腰部脊柱管狭窄症」であると確実に診断されたのであった。MRIの素晴らしさをあら改めて知らしめられたのであったのと正常な状態と比較して説明して頂いたので素人でも異常を引き起こす原因を理解できた。
「インフォームドコンセント(十分な説明を受けた上での同意)」の良くできた病院の医師だ。笑!微笑!感謝!
市立病院で手のしびれの診察といって腕のレントゲン写真を何枚もとっり足の異常は手のしびれと同じ原因かもと言って根本的な原因は分からんと言ってたヤブ医者めが、山口大の医者だよ!くそ大学め!こんなのが医療費ばかりを使ってしまうのだ!怒!怒!。
だから、医者は選ばなくちゃ!!ね。
原因は判明したこれからは治療だが、首と腰のケンインを中心にしたリハビリである。

これは如何なものか [一言]

2014年度に懲戒や訓告などの処分を受けた公立小中高校などの教員は、952人に上ったことが25日、文部科学省の調査でわかった(読売新聞)。
我々の時代は先生は絶対的な存在であったからそれなりに尊敬をしたり模範としてきた。この数値は、正しいものだとすれば学校教育の先生(教員)に問題がある。高等教育を受けてきたはずであろうが何を教わってきたのか疑問である。これは教育のシステムに問題がある。何らかのテコ入れが必須である。例えば教員免許の有効期限を切るとか人格の再教育を必須とすべきである。この数値が多いか少ないかではなくこれだけが懲戒や訓告を処分になていることを問題視すべき、数値を問題にするならばまだまだ隠れた数値が存在すると思っている。
この記事を読んで教員に限らず公務員全体に言えると感じた。


プロジェクター設定パート2 [パソコン]

購入したプロジェクターとパソコンとの接続に悪戦苦闘してましたが、一見落着しました。
何のことは無いパソコンからプロジェクターに切り替える操作で、FN+F10押下の操作をしてましたがこれはWindowsの場合であって我がパソコンのOSはUbuntuであるので、F6の押下で切り替えが出来ました。ここまでの色んな書き換えの設定は忘れてしまいましたが、もう一度初めからとなると絶対に挑戦しないでしょう。なお、F6の切り替えは3段階になっていて、1回目はプロジェクタへ2回目はプロジェクターに制御が移り、3回目は両方に制御が移ります。これでは全く参考にならないと思いますがUbuntuとNEC VT47の動作確認ができたというとこだけが2日間の収穫でないでしょうか。

プロジェクター設定 [パソコン]

プロジェクターにPC画面を映し出すubuntuの設定に悪戦してます。
ネットで検索してはそれらしい設定をするのですが上手くいきません。
今は画面は映し出せるようになったがPCとプロジェクター画面の同期がとれません。
PC上で操作していることがプロジェクターに映らないし、プロジェクター上で操作するのがPCで映らない。
この記事を書いている状態がプロジェクターに映らないしプロジェクター画面は固まっている。
兎に角、ここで記事をアップしておきます。

プロジェクターを買った [パソコン]

パソコンに接続するプロジェクターを買った。
中古品をネットで物色した結果NEC製VT47という手頃なプロジェクターを見つけたので即買です。付属品としてリモコン、電源ケーブル、VGAケーブル、ビデオケーブル、キャリングバッグがありで堂々の¥9,074でした。けど送料が¥1,200もした。
明日はパソコンにつないで正常動作するかのテストをします。
よろしく

東芝の構造改革 [一言]

東芝の苦しい構造改革「新生東芝アクションプラン」。

発表された2016年度3月期の通期業績予想(2015年4月〜2016年3月)は、
 売上高が6兆2000億円、
 営業損益が3400億円の赤字(前年同期は1704億円の黒字)、
 税引き前損益が3000億円の赤字(同1366億円の黒字)、
 当期純損益が5500億円の赤字(同378億円の赤字)
で過去最大の赤字を計上

全体で1万600人を
 他社への転籍
 社内の配置転換、
 早期退職
となるらしいが社内受け皿がなので早期退職である。
あの東芝がこんな苦しい改革をしなければイケないとは悲しいです。
余談ですが、家のテレビはアナログからデジタル変換が早い東芝なんです。

メッセージを送る