So-net無料ブログ作成

ニンニク畑の雑草 [野菜作り]

ニンニク畑にはびこる雑草が凄い。
これではチャント成長しないと思い一大決心で草取りに励む百姓もどきであります。
これを放っておくと病気になって全滅しかねない。
DSCN0473.JPG
DSCN0474.JPG
DSCN0475.JPG
DSCN0485.JPG
DSCN0482.JPG
DSCN0484.JPG


水源の草刈り [田舎暮らし]

水源が山の中腹にありそこまでの山道の草刈りです。
毎年、4月か5月に行なわれます。若いボランティアがいれば有難いのですが、そううまくは運びません。利水組合というのが有って田んぼを持っている農家(兼業が殆ど)が組合員になってます。その組合が中心で行いますが高齢化が進んでしんどいの連発となっています。「だったらシルバー人材に依頼して代わりに草刈りをやってもらえばいいんじゃない」と一言誰かが提案すれば何とかなるでしょう。でもね元気な人もいるからそんな話は出ません。将来きっと草刈り問題が起きると思います。連休の間に帰省している若いもんにお願いする手もあるね。

外れて地震発生確率 [異常現象]

政府の地震調査委員会は27日、今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率を示す「全国地震動予測地図」の平成29年版を公表したそうで、地震を起こすプレート(岩板)のひずみが蓄積されたとして、わずかに確率が上昇したんだって。
関東地方の確率は
千葉市(85%)、水戸、横浜両市(81%)、さいたま市(55%)、東京都新宿区(47%)、宇都宮市(13%)となっている。我が中国地方では最大で3ポイントほど確率が上昇した。
この地震発生確率は外れて欲しい。
30年の間だから明日かも知れなし、マックス30年目かも知れません。年が経るほどひずみが蓄積されるから地震発生確率は当然高くなるんでしょうね。
プレートが移動している限り、その上に住んでいるのだから、発生すると思わなければいけませんよね。
これって異常現象では無いですよね。

将棋界の新星 [話題]

将棋界に現れた藤井聡太四段(14)がプロデビュー14連勝で勝ち続けている。
非公式戦では、羽生善治王位や佐藤康光九段も破る快挙ぶりだ。
ちなみに歴代最長の連勝記録は、神谷広志八段(55)が1987年に記録した28連勝だそうで。
これからが楽しみだね。ぜひ連勝記録を伸ばして立派な棋士になることを願っています。
10代の若者の活躍は日本を明るくするよね。
いいね!いいね!

今村雅弘復興相辞任 [一言]

今村雅弘復興相は数々の失言でとうとう辞任した。
自民党の一番悪いところが出てしまった。派閥と当選回数によって大臣を順繰りに決めるところである。国民はこれを嫌って自民党から離れて民進党(旧民主党)に政権を委ねた。このことを全く学習していない。傲慢であたかも実力で大臣になったように勘違いした人物を専任するとこうなる(民主党にもこんな大臣いましたがね)。
しかし、若手と呼ばれる議員にも問題を引き起こす輩がいますから結局ダメなのを議員にしてしまうことだね。何しろ日本の危機と言われるこの時期に自民党だけでも50人もの議員が連休を利用して海外視察の申請をしていたんだから驚きだ。申請を見直すことになったのは良識有る結論だが、先生方本当に情けないな。

らんちゅう10匹購入 [田舎暮らし]

道の駅で「らんちゅう」10匹(千円)を購入した。
この値段だからまだまだ小さい5〜6ミリ位かな。去年、購入した3匹が意外と大きく育ったのに気分を良くしてこの調子だともっと多く育てられると思った。安易な考えとお思いでしょうがその通りです。漬物に使っていたポリの容器が納屋に有ったのでそれで飼うことにした。以前めだかを飼っていたがいつの間にか全滅した。おかしいなとよくよく調べてみたらヤゴ(トンボの幼虫)やカエルに食べられたんじゃないかと結論づけた。そこで今回はトンボが卵を生まないように網戸用のアミを買って来て不正侵入を防ぐことにした(安全セキュリティ・バッチシ)。これで一年間無事過ごせれば立派な「らんちゅう」となるでしょう。
ネットで調べてみても「らんちゅう」って大きくなると高いのですよ。(欲が絡んでいるから見苦しい。)
エヘヘヘ!

ソーラーシェアリングで? [話題]

「ソーラーシェアリング」という考え方がある。
考案者はCHO研究所所長の長島彬氏で、強すぎる太陽光は植物に有効に働かず光合成は増加しないという「光飽和点」の存在に着目し、農地の上に支柱を立てて組んだ架台に上に、間隔をあけて太陽光パネルを設置し、農作物と電力両方を得るソーラーシェアリングの技術を開発した。
これに目をつけたのが、ご存知元首相の鳩山由紀夫だった持論の脱原発ゼロを正当化するためか、「畑や水田の上にソーラーパネルを設置すると、作物を育てながら太陽光発電できる」「そのほうが作物がよく育つ。一挙両得で、農家への所得補償は不要となり、原発も不要となる」などと23日までに相次いでツイートし批判の嵐の中にいる。批判は、
「ソーラーパネルを設置したら畑や水田に日光が当たらず突風や台風対策にも多大な金と人手がかかる」
「不作の年は発電量も収穫量も共倒れになる」
「農業を知らない輩の妄言」
「いまだに真顔でこんなことを」
「東大出ても光合成を知らないという現実」
「思いつきでモノを言う薄っぺらさは相変わらず」
とある。
一般社団法人ソーラーシェアリング協会が普及に力をいれてが、農業再生・地域活性化を目指していて、原発ゼロや所得補償は不要なんてヒトコトも書いてない。

空がこんなに青いとは! [田舎暮らし]

見事に晴れました高気圧に覆われると言うから今日は一日いい天気だろう。
そして久しぶりに朝から雲ひとつ無いから空がこんなに青いと思い知らされた。スガスガしい朝である。
本日は、認知症の講演が有るので聞くに行くことにしている。
寂しいが老生も人ごとではなくなってきている年齢だからしっかり聞いておかなければならない。
今、『やすらぎの郷』(テレビ朝日/月~金、昼12時30分) テレビ業界人専用の老人ホーム「やすらぎの郷 La Strada」を舞台に、家族、財産(遺産)、過去の栄光、恋、死への恐怖、芸術への心残り……、さまざまな思いを抱える老人たちと、彼らに翻弄される脚本家・菊村栄(石坂浩二)の姿を描く物語を見ている話題性があり結構おもしろい。
さて、今日の講演はいかなる話になるかたのしみです。

「ざる」VS「もり」 [教養]

朝は気温が低かったが徐々に温かくなって昼は久しぶりに「そば」でした。
ところで、そばには「ざるそば」と「もりそば」がありますがどう違うのかしってますか?
場所や店舗によってそれぞれに違いがあるみたいです。一般的に「ざる」は海苔が乗っていて「もり」は海苔が無いようです。「ざる」は高級感をだすためわさびを付けたり焼き海苔にしたりまたつゆは質の良いかつお節で出汁をとり、『もり』のつゆでは質の落ちるかつお節を使うなど違いがあるようです。
で、老生は腹が空いている時は「もりそば」を専門店だと「ざるそば」をてな具合ですかな。
要は明確な違いを付けている訳ではなくその時の気分だね。あははは・・・
ただ、そばの食べ方にあでもないこうでもないと語る亭主だと椅子を蹴飛ばして出て行くね(寿司屋に多いようだ)。

ロケットVSミサイル [教養]

隣の国でぶっ放すロケットやらミサイルが話題になっています。
そもそもロケットやらミサイルの違いはと聞かれたら正直まともに答えられますか?
「ロケット」とは、搭載した燃料と酸化剤を燃焼させて後方にガスを噴射することによって推進力を得る装置や、装置を搭載した機体のことです。
推進装置は「ロケットエンジン」とも呼ばれ、外部から取り入れた酸素を燃焼に用いる方式の「ジェットエンジン」では不可能な、真空の宇宙空間でも推進力が得ることができるため、人工衛星や宇宙探査機の打ち上げに用いられます。
「ミサイル」とは、推進装置と誘導装置を持つ軍事兵器を指すことが多く、日本語では「誘導弾」や「誘導飛翔体」「誘導ミサイル」などとも呼ばれます。
「ミサイル」の推進装置にも「ロケットエンジン」が用いられることが多いですが、誘導装置を持たないロケット弾、ロケット砲などは「ミサイル」に含まれない場合が多いです。
以上
だから危険なのはミサイルで飛翔体と呼ばれているもの!
子供の頃、鉛筆のキャップにセルロイドを詰めて点火して飛ばして遊ぶ(この遊びは危険だから禁止。だから作り方は記載しません)のが流行ったがこれは鉛筆キャップロケットと呼ばれた(余談)。
メッセージを送る