So-net無料ブログ作成

農業の難しさ [田舎暮らし]

農業委員会の役割は、担い手を確保して農地が荒れないようにすること。と説明されています。
何故、担い手が居ないのか?理由として高齢化、少子化と若者の都市への移住が考えられます。これは誰しも考えられることです。ではほかには?と考えた時そこに住む人しか理解らない複雑な人間関係が存在するのだ、だから若者は面倒さから逃避するために都市部へと流れていく、そこで改めて自分の生まれ育った所を見つめ直して良さを発見した人は戻ってくる。それは極々限られた人で土地、機材や友人が存在する恵まれた環境の人に限られる。何も持たない人の苦労は想像に耐え難い。農業は自分の期待に応えてくれがんばった分だけ見返りがある。しかし、天候に左右される事が多く災害などで努力が消し飛んでしまうことがある。そこに農協という組織が有るのだが、数々の規制緩和の恩恵を受けて、農業関係そっちのけでホームセンター化や金融業に力を注いでいる。
今年7月から3年間、農業委員会委員としてもっと内側から眺めてみることにする。
兎に角、農家の意識改革も重要課題。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る