So-net無料ブログ作成
田舎暮らし ブログトップ
前の10件 | -

畑のニンニク [田舎暮らし]

今年植えつけたニンニクが20〜30センチほどに育っている。
この寒さで大丈夫かなと思うが生産量が多い青森県はもっと寒い中で育てているのだからと安心している。
冬の間はニンニクしか育てていない。冬でも葉物がいろいろ有るがスーパで安いのを見ると徐々に苦労して作ってもなと思うのが百姓もどきのゆえんだ。冬でも立派に雑草は生えるから生命力が強いんだな。
昨日は農業員会の総会があり、その後農地管理機構についての講習会が開かれた。農地を集積しrて大規模農営に持って行こうとする政府農林省の政策の一翼を担う機構である。四年前から始めているらしいが遅々として進まない農地の集積に焦りを感じる。大きな平野の農地であれば集積して大規模農営が可能で有ろうが、山間地域の散らばった狭い農地をどう集積するのか?それに担い手が居ない農家が土地を貸し出さずに頑なに考えをどう柔軟に理解してもらうのか?それに農機械の搬入が困難な土地で集積してどうする?農業には課題が多すぎる。農業委員になって数カ月だが机上で考える農業政策は集積して大規模農営としなくてもいい。遊休地や耕作放置された農地は飛び地の狭いところなんですと、恥ずかしいですが農地パトロールして初めてわかった。次第です。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

さぶい寒い [田舎暮らし]

13日、今日は最高にさぶい日だ。
青空は有るが太陽が雲に隠れているから体感温度が上がらない。
たしか全国的に寒いと天気予報で伝えていたからどこに居ても寒い一日になるのでしょう。
午前中は歯医者で午後は農業委員会の総会があるので市役所に出掛ける。晩秋にカメムシが大量に発生していたから寒い冬となったのでしょう。憂鬱だね寒いのは・・・・。
脳みそが凍っているから今日はここまで。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

寒気VS寒波 [田舎暮らし]

今日は寒気の影響で曇天です。いつ雪や雨が降ってもおかしくない天候です。
そこで寒気と寒波はどう違うのかおさらいをしてみると、
「寒気」とは「かんき」と読み、周りの空気に比べて低温な空気のことをいいます。
「寒波」とは「かんぱ」と読み、主として冬期に、広い地域に2~3日、またはそれ以上にわたって顕著な気温の低下をもたらすような「寒気」が到来することをいいます。
と説明があります。
グランドゴルフの練習日ですが、偏屈ジジイはこんな日こそ練習をしないと思う次第であります。
幸い空も明るくなってきたし青空も広がってきたようです。「年寄りは無理しちゃいけない」が鉄則ですが、そこは偏屈ジジイですわ。倒れて入院したら元も子もないのにね。
そうそうこの「元も子もない」の語源は、元」は元金、「子」は利子のこと。 投資をして利子を得るはずだったが、それどころか元金も全て失くしてしまうことなそうな。
あはははは
[わーい(嬉しい顔)]
あかん!雪が舞ってきた。さすがに偏屈でも今日は諦めてコタツを友としよう。
[もうやだ~(悲しい顔)]
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

グランドゴルフ西京銀行杯 [田舎暮らし]

2日、グランドゴルフ西京銀行杯が大正洞グランドゴルフコースで行われました。
例によって意気揚々と参加したが結果は、いつもの通り惨敗、なかなか勝てまシェ〜ンです。
グランドゴルフは距離が短いと侮ってはいけません。勝つにはホールインワンを出さなければ無理ですね。なぜならマイナス3点のボーナス点が付くからです。2回出ればマイナス6点ですからこれは大きいです。これがなかなか出ないのです。来年のことを言えば鬼が笑いますが期待しましょう。
そしてあはははと楽しく気楽にプレイするのがいいでしょう。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

天気いいが寒い [田舎暮らし]

天気はいいが寒い。
少し風があるから体感温度が低くなっている。
本格的な冬の到来か?コタツから出たくない寒いのは大の苦手てである。
今年はカメムシが多い、こいつ踏んづけたりするとそこかしこに臭いをまき散らすからたちが悪い、見つけたらガムテープを取りいだしくっつけて捨てるが今年は3〜4匹一度に捕まえて臭わないように折りたたんで捨てる。こいつが多い冬は寒いと言われているのできっと寒い冬になるんだろう。
今日は病院にいかなくちゃいけない日だ、30歳の頃からずーっとお友達である「痛風」の薬が切れてしまう。長い付き合いだだネ。この痛みを味わったら病み付きになりますよ。よろしかったら経験して下さい。
痛風.png
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

フェイジョア [田舎暮らし]

女房殿が「フェイジョア」という果実を頂いてきた。
初めて見る果実です。そこでネット検索をしてみるとこうあった。
別名、アケビガキ(ポポー、ポーポー)とも呼び果実の形がアケビに似ています。独特の熱帯フルーツ風味の香りがあり果肉はバター質でねっとり、甘味が強く柿とバナナを混ぜたような味がします。他の果物に比べて熟すスピードが早く日持ちしないため、現在日本では取り扱う農家がほとんどなく「幻のフルーツ」となっています。豊富な栄養とアミノバランスに優れており、アメリカでは美容食としても人気があるそうです。
香りがいいので一目惚れ、山口で今九州(田主丸)の植木屋さんの植木市を開催しているので、昨日、車を飛ばして苗を購入することにした。ネットでも勿論かえるが意外と高価であった。それを2,500円でゲットすることが出来た。高さ5~10メートルになる落葉性高木なので、どこに植えるか考えている。一応、鉢植えで大きくしてから定植してやるかな。保水性がよく肥沃なやや粘土質の用土を好みます。用土の配合は、赤玉土3、真砂土3、腐葉土3、川砂1など。市販の園芸用培養土5、赤玉土5でもよいでしょう。肥料は4月、6月、8月に骨粉入り油粕などの有機質肥料を規定量与えます。 水遣りは表面の土が乾いたら、鉢底から流れ出るまでたっぷり与えます。幼木のころは、水切れしやすいので注意だって。
2〜3年後は食べられるような実をつけていることでしょう。ネット販売できるかも?あはははは

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

まいった!まいった! [田舎暮らし]

意気込んでいったグランドゴルフ大会こっぴどくやられました。[もうやだ~(悲しい顔)]
17チーム(17×6名)中「・・位」でいやはやグランドゴルフメンバーのパワーに撃沈ですわ。いつまでも若いと思って臨んでいるが高齢者の中に入っていることに気付かされる。[たらーっ(汗)]
こんな童謡がありましたね「[るんるん]・・・わたしゃ60じゅうのおじいさん 年はとってもお船をこぐ時は 元気いっぱい・・・[るんるん]」とね。
年寄りが多いから医療費がかさんで社会保障費が赤字になると言われますが、こうやって元気に楽しく暮らしてお荷物に成らないよう頑張っている高齢者もワンサカ居ることをお忘れなく。[わーい(嬉しい顔)]
今年はあと2回大会がある。勿論エントリしている。こんどこそは上位入賞をねらって頑張ります。[手(チョキ)]
運動の秋、読書の秋、短い秋を趣味で楽しまなくちゃ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

グランドゴルフ大会2017 [田舎暮らし]

9日、秋吉台グランドゴルフ協会主催のグランドゴルフ大会が秋吉台大正洞コースで行われる。
勿論、エントリしている。今日は頑張らなくちゃ、何人参加するのか分からないが恐らく100名以上となるでしょう。5日に行われた地域の大会では、意気込ん行ったが30名中24位の返り討ちに合い落ち込んでいます。今日は天気もいいし風もなく大会日和に恵まれている。優勝とまでいかないが精々上位入賞を目指してと気負っています。相手は後期高齢者と侮ってはいけない。地域大会では93歳や80歳以上に負けたのだからね。このコースでは50mをホールインワンして喝采を浴びた縁起のいいところ。
頑張るぞ!!わはははははと笑えるようにね。
8時30分から受付だ、行ってきます。
グランドゴルフ2.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鳥取県移住に人気 [田舎暮らし]

日経新聞によると、2017年度上半期(4~9月)の鳥取県への移住者が933人に上り、上半期としては過去最高を記録したんだって。
え!と驚きだね。過疎の代名詞的な存在で、「スタバは無いが砂場はある」と宣伝した鳥取県がですよ。とっとり暮らし支援課の担当者は「今年も2000人の大台に乗せる可能性が高い」と鼻高だそうです。鳥取、境港、倉吉が頑張っているのだ。そこは担当者の並々成らぬ努力が有ったのだろうと推測する。
鳥取市は宝島社が発表した2017年版の「住みたい田舎」ランキングの総合部門で1位だそうです。人口が減少している昨今これは各県参考になるな。人気の秘訣は、移住者向けお試し住宅の整備や住宅の取得、改修費用を補助する制度が拡充していることらしい。
人口が減ると嘆いているばかりでなく知恵を出し合って努力しなくちゃいけない。
頑張れ!田舎住民だ

nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

ニンニク畑だぞ [田舎暮らし]

ニンニクを植え終わったのが10月上旬で今は発芽した。
これから寒い冬を迎えるから来年の春までじっと土の中で耐えることになる。
今年はJAの直売所に出してそれなりに売れたので気分良くしている百姓もどきであります。徐々に欲の皮が突っ張ってきて今年は多めに植えた。勿論、有機栽培で無農薬を売りにいているから手間が掛かるが葉物野菜に比べれば楽かな。今年はニンニクの球を大きく太らせるように育てられるようにと目標を立てている。追肥の時期や肥料の量を記録に残しておこうと考えている。兎に角、農業経験有りませんで農業委員会の委員に応募して委員になったのだから少しは農業の知識を肌で感じて大変さを経験しないと意見を発言できないからね。月1回の総会と農業相談と農地パトロールでホンの少し農業課題が分かり始めたかなと思う。そんな日々のこの頃は生意気ですが農業政策よりも担い手の減少と地域のブランド品を育てようとする意気込み(活動)が見られない問題点だねと思い始めた。
我がニンニクを何とかしたいのだがね。新種は研究者に任せるとして、球の大きく太ったものにする。これだね!

DSCN0639.JPG
DSCN0638.JPG
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 田舎暮らし ブログトップ
メッセージを送る