So-net無料ブログ作成

きちんと戒めるべき [話題]

これは日本人にとって恥ずかしいニュースです。
9日午後、台湾北部の桃園国際空港を離陸直後のバンコク行き中華航空835便の機内で、乗客の日本人3人が乗務員の指示に従わずに騒いだため、同機は桃園空港に引き返した。
3人は福岡から搭乗。経由地の台湾で購入した酒を持ち込んで飲み、大声で騒いだため、ほかの乗客から苦情が出た。乗務員が制止したが、1人が喫煙を始めるなどの悪行である。
これで礼儀正しいとの日本人評価が地に落ちた。
酒で何でも済まされると勘違いしている。19万円の罰金だそうだが日本に帰ったらキチンと謝罪しなければならないでしょう。韓国人や中国人のマナーの悪さを言えなくなった。

nice!(0)  コメント(0) 

大谷翔平大リーグ移籍 [話題]

大谷翔平選手が米大リーグのエンゼルスに入団することを決めたと発表した。
いよいよ大リーグで二刀流を発揮する時が来た。日本人の大リーグ挑戦は野茂選手に始まり数々の選手を送り出してきた。特に、イチロー選手は大リーズでも沢山の記録を塗り替えている。日本の選手がまだ大リーグで活躍する前に江川投手が大リーグの3軍のようなチームで投げていたが全く記録に残らない存在でも大リーグは80球以上投げないんだと大物ぶっていた。しかし、今日のように日本選手が大リーグで活躍するようになると3軍のようなところは日本の野球に近い存在とバレバレになってしまった。
大谷翔平選手にはぜひ大リーグの記録を更新するような選手になって凱旋して欲しいと期待してます。
頑張れ!大谷翔平選手。

nice!(0)  コメント(0) 

伊勢の発憤興起 [話題]

赤福餅で知られるカリスマ、浜田益嗣(ますたね)氏(80)が10年ぶりに経営の中枢に戻った。
浜田氏は伊勢神宮内宮前に観光商店街「おかげ横丁」を建設し観光に押し上げた立役者なのだ。しかし、偽装問題で責任をとって赤福を退いたが影響力は多大であった。
復帰した浜田氏は、発憤興起して伊勢神宮外宮前に「第2のおかげ横丁」を整備する構想を練って再起を図るそうだ。伊勢の土産物屋を翼下に収めて勢いを増していくことだろう。「お伊勢参り」が「赤福詣で」に成らないよう伊勢市民の皆さん注視しておきましょうね。
斜陽の地方観光地としては、老舗「赤福」の存在が羨ましい限りなんです。

nice!(0)  コメント(0) 

D51形(デゴイチ)でゴー [話題]

25日、デゴイチの愛称で知られる蒸気機関車がJR山口線で44年ぶりに復活した。
鉄道フアンにとっては垂涎の蒸気機関車だ。鉄道フアン、撮り鉄、乗り鉄、音鉄を800人を集めて新山口駅で記念式典が開催された。あの力強く吐く煙の匂いが蘇る。山口県を訪れた時はぜひ利用して昔を懐かしんで下さい。新山口駅から津和野(島根県)までの間を走ります。


nice!(1)  コメント(0) 

インスタ映えは迷惑 [話題]

本年度の流行語にノミネイトされた”インスタ映え”だが危険行為で迷惑を被っている。
山口県の角島(つのしま)に架かる全長1780メートルの角島大橋でインスタバ映えを狙って道路に止まったり寝っ転がったりする危険行為が1年前から多発している。エメラルドグリーンの海に架かる橋として「口コミで選ぶ日本の橋ランキング」堂々の1位を獲得した場所なのだが、島民の皆さんの生活道路でもあるから危険この上ない。
目玉の観光地であるだけに地元住民はSNSで広めてもらえるのは有難いが危険な行為は止めて欲しいと、ただただ観光地の抱かえる問題として事故やトラブルの無いように願っているだけである。
老生でしゃばり過ぎるが観光協会に代わりまして、「インスタ映え」のする写真を収めたい気持ちは重々わかるがどうか事故の無いように節度ある行動をお願いします。

nice!(1)  コメント(0) 

量子コンピュータという最先端技術 [話題]

これまで量子コンピューター開発で後れをとっていると言われてきた日本。ついに国産初の量子コンピューターがお目見えしました。
NTT物性科学基礎研究所、国立情報学研究所などが内閣府の支援事業である「革新的研究開発推進プログラム(ImPACT=インパクト)」の一環として開発した「量子ニューラルネットワーク(QNN)」計算装置である。
凄い技術はよく分からないので説明できないが、何に応用できるかと言うと、、創薬や通信ネットワーク、少ない観測データから対象を復元する圧縮センシング、深層学習、渋滞を減らすための交通システム、フィンテックでのリスクと利益のトレードオフをリアルタイム最適化、などが想定されているんだって。
量子コンピュータの仕組みを理解できる人は極々少人数でしょうが、分からない人が身近に感じるのは、創薬と渋滞を緩和する交通システムであろう。他にも沢山の恩恵を受けることが出来るでしょう。
日本の技術が評価される量子コンピュータ、遥かにスパーコンピュターを凌駕する処理速度にこれからが楽しみですね。

nice!(1)  コメント(0) 

サトシ・ナカモトという人物? [話題]

Newsweek11・21号でビットコインの特集記事の冒頭で、「いつの日か未来の歴史家が今の時代の偉人伝を書くとしたら、最も謎めいた発明家の一人としてサトシ・ナカモトの名を挙げるだろう」と始まっている。日本人の名前だが正体は不明。個人かどうかも不明である。何故有名かというと、「仮想通貨(暗号通貨)ビットコインの仕組みを最初に提案した論文の筆者」であるからだ。何を論じたか?「彼はデータ保存・保護の分散型(ブロックチェーン)を使えば、ネットワークの中核を担う企業や政府の大型サーバー無しに全ての端末が対等な関係にあるP2Pの電子通貨システムを構築出来る」とした内容の論文(2009年「Bitcoin:A Peer-to-Peer Electoronic Cash System」)を発表
した。現在のビットコインの流通システムはその論文に忠実に構築されているそうだ。
この金融革命の大旋風を巻き起こした張本人は天才数学者と称賛されている。

Peer to Peer(P2P)と言えば、「ファイル共有ソフト(Winny)」を思い出す。
開発者は、著作権法違反ほう助容疑で逮捕・起訴されたが、11年12月に最高裁で無罪が確定した。こちらも天才的なソフトウェア開発者といわれた。この仕組みを利用したウィルスが蔓延したことと開発者がソフト開発出来ない時期を設けてしまったことでWinnyは無くなった。その後、開発者は平成25年7月6日、急性心筋梗塞にて死去した。惜しい人を亡くした。

nice!(0)  コメント(0) 

暗雲立ち込める相撲界 [話題]

連日、横綱日馬富士による暴行問題がメディアを賑わせている。
不可解な情報が飛び交い疑惑を招いている。当事者、相撲協会、親方連中が場所中という理由で固く口を閉ざしている。中でも貴乃花親方の不可解な行動に対する口は堅い。それに相撲界とは縁をきっているはず?の貴乃花親方の母親の藤田紀子さんがテレビに出てコメントをするから益々おかしくなっている。
折角、大相撲の人気が戻ってきたところにこの騒動は相撲界というところは全く変わっていないではないかという疑惑が再燃し始めている。相撲人気を支えてきたモンゴル力士の暴力問題だから協会も親方も容易に発言できないのだろう。この際、貴乃花親方がキッパリと本当の事を言うべきだね。お金が絡んでいないからモリカケ問題よりも解決策は容易で選択肢はテーブルじゃなくて土俵の周りに転がっていますよキッと。


nice!(0)  コメント(0) 

日馬富士の暴力 [話題]

大相撲の東横綱の日馬富士(33)が伊勢ケ浜部屋が、東前頭8枚目の貴ノ岩(27)貴乃花部屋に暴行した。
鳥取巡業時の10月下旬、モンゴル出身力士による酒宴で口論となり、激高して暴行に及んだということで、貴ノ岩の師匠の貴乃花親方が鳥取県警に被害届を提出していた。貴ノ岩は診断書によれば、「1脳しんとう、2前頭部裂傷、3右外耳道炎、4右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑い」で九州場所を休場している。九州場所が始まったばかりなのに人気を取り戻しつつある大相撲のこの不祥事が明らかになった。トラブルの原因は、貴ノ岩は日馬富士から兄弟子に対するあいさつが足りないなどと注意されていた。その時、着物の帯に差していた貴ノ岩のスマートフォンが鳴った。それを操作しようとした瞬間に暴行が始まったみたいだ。暴力に及んだことは横綱としての品格を問われるが、どんな時でも無造作に割り込んでくるスマホは老生としてもイラっとする。
暴力を肯定するわけではないが、スマホとか携帯は、電話を掛けるほうは相手がどういう状況にあるのかを無視して割り込んでくるから、受け手が状況を考慮して操作しないといけないと思う。
先場所、一人横綱であれだけ盛り上げて頑張った日馬富士なのに残念でならない。

nice!(0)  コメント(0) 

期待の力士「炎鵬」 [話題]

大相撲の幕下・炎鵬(えんほう)=23歳、宮城野部屋=が九州場所2日目の13日、常幸龍に敗れ、序ノ口デビューからの連勝が「21」で止まった。どれだけ強いか、夏場所から序ノ口、序二段、三段目と3場所連続で優勝を果たし、デビューからの連勝記録は昭和以降4位に並んでいた力士だ。白鵬からスカウトされ、今年春場所に初土俵を踏み、出世街道を突き進んできたこれからが楽しみな期待の力士である。[手(チョキ)]
相撲3.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る